忍者ブログ

プロペシア通販

激安で純正プロペシア錠やプロペシアのジェネリック医薬品の個人輸入代行通販



植毛術

植毛手術は、10年ほど前から日本でも盛んに行なわれるようになってきました。薄毛の治療法として植毛手術が始まったのは、1960年代のことでした。アメリカ人医師N・オーレントライヒが1959年に発表した植毛術・パンチグラフト法が、60年代以降、世界中に普及していったのです。

このため、植毛術の生みの親はアメリカ人と思われていましたが、70年代になってから、パンチグラフト法を最初に考案したの日本人の奥田庄二医師であることが世界に知られました。奥田医師は動物実験を経てパンチグラフト法を確立し、火傷で頭髪を失った患者さんにこの手術を施して論文を発表していたのです。それが1939年のこと。オーレントライヒ医師の発表より20年も前でしたが、論文が掲載されたのは日本の医学雑誌だったため、長いあいだ埋もれていたのでした。

では、このパンチグラフト法とはどんな方法なのかと言うと、後頭部や側頭部など脱毛していない部分の皮膚を円柱状に切除して、脱毛箇所に移植する手術法。現在、もっとも進化した植毛法として一般に行なわれている毛包単位移植法も、奥田医師が編みだしたパンチグラフト法に改良を重ねたものです。これらについてはまたあとで説明するとして、植毛全体についてもう少しお話しておきます。

年配の方は、植毛と言うと「人工の毛髪を頭に埋める」というイメージをおもちかもしれません。しかし、人工毛植毛が盛んに行なわれていたのは1980年代までのことで、アメリカ人ではすでに人工毛植毛手術は「禁止」されています。術後、頭皮に炎症が起きたり、異物性肉芽腫と呼ばれる硬い瘢痕ができるなどの問題があるからです。日本ではまだ人工植毛手術も行なわれていますが、いま説明したようなリスクがあることを頭に入れておいてください。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア通販 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-