忍者ブログ

プロペシア通販

激安で純正プロペシア錠やプロペシアのジェネリック医薬品の個人輸入代行通販



毛髪は毎日60~80本生え変わっている

髪には、発毛から脱毛、そして新たに発毛してくる「毛周期」と呼ばれるヘアサイクルがある。そして脱毛には自然脱毛と異常脱毛の2種類のケースがある。

頭髪は2~5年のサイクルで発毛と自然脱毛を繰り返している。その数は約10~12万本あるが、1日60~80本前後の髪が自然脱毛している。

一方何らかの誘因や原因があり、毛周期にかかわりなく脱毛する異常脱毛は、血行障害による毛根への栄養補給不良、ホルモンのバランス不良、頭皮の汚れ、最近汚染、かゆみ、ふけの増加、皮脂腺の肥大、頭皮のトラブル(かぶれ、外傷、やけど)の発生などによって起こる。

髪の毛に限らず、体毛が作られる「ヘアサイクル」の仕組みはみな同じだ。皮膚の奥にある「毛乳頭」という組織に毛細血管や神経が集まっており、ここに食物からの栄養や酸素を取り入れ、毛のもとになる「毛母細胞」の分裂を促し、毛を作らせると考えられている。毛母細胞が分裂している間が、毛の「成長期」だ。分裂が止まると、短い「移行期」を経て「休止期」に入る。毛母細胞は毛乳頭から離れ皮膚の表面近くに浮き上がる。こくなると、毛はわずかな刺激で抜ける。休止期の終わりになると、毛乳頭の近くに新しい毛母細胞が現われ、次の毛を作り始める。

成長期や休止期の長さは毛の生える場所で違うが、髪の毛は「テロゲン」と呼ばれる成長期(4~6年)、成長が止まる退行期(2~3週間)、「アンチゲン」と呼ばれる休止期(2~3ヶ月)となる。成長期には、1日0.2~0.5ミリという速度で伸び続けている。少しの色素を持った細いふわふわとした髪が伸び始め、徐々に太くなり色も濃くなってくる。そして毛嚢はこのサイクルの最集段階に達した後、休止期間に入っていく。つまり、成長率は徐々に低下し、髪はどんどん細くなり、色素を失い、最後には抜け落ちてしまう。しばらくして、古い毛嚢から新しいものが生まれ、新たなる成長期の再来となるのである。

典型的な健康な毛髪とは、毛乳頭のおよそ85%がテロゲン期にあり、残りの15%がアンチゲン期にある。従って、1日60本~80本の抜け毛は極めてノーマルなのである。

年を取るにしたがい、徐々に髪が薄くなるのは、このヘアサイクルが短くなり、発毛と脱毛のバランスが崩れてくるためである。こうなると、しっかり成長する前に2ヶ月から3年で成長期が止まってしまい、細い毛、うぶ毛のまま抜け落ちていき色あせていく。さらに毛母細胞の働きが低下すると、また新しい髪を生やすことはなく、これらの毛嚢は、新テロゲン期を迎えることなく活動を停止する。アンチゲン期の毛乳頭の数が、テロゲン期の数を上回ってくるのである。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア通販 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-