忍者ブログ

プロペシア通販

激安で純正プロペシア錠やプロペシアのジェネリック医薬品の個人輸入代行通販



技術革新が進むカツラや植毛技術

若者たちの髪への悩みが大きくなってきているのを裏付けるように、カツラの利用が若者の間に急に広がっている。現在日本でカツラをつけている人は約65万人とされる。有名カツラメーカーは、客の髪のサポートをデザインして、若いうちから脱毛予防、増毛、さらに本格的なカツラというふうに後退状況に応じた処置を提供するサービスを行なっている。

増毛技術では、アートネイチャーが84年に開発したマーブ増毛法が先駆けている。この増毛法は、残っている自分の髪の毛の根元に、2~6本の人工毛をくっつけるという方法が中心になっている。

もちろん自毛はそのうち伸びてくるから、増毛した髪の毛はちょうどホウキをさかさに立てたような形になってしまう。そこで、月1度程度専門の理容室に出かけメンテナンスを受けなければならない。

また、ロープやネットに人工毛を植えたものを頭皮に張りつけるタイプの人工毛もある。こちらのほうがメンテナンスの手間は少なくてすむ。

一方、植毛技術も進歩している。アメリカでは最近、毛髪移植が爆発的成長と遂げ、年間8億ドル産業となっている。アメリカ整形外科アカデミーによると、97年アメリカで行なわれた毛髪移植は24万4500件もあり、1990年の4倍に膨れ上がったという。

植毛法には生毛を使うものと人工植毛とがある。人工植毛は人体には異物なので、人によって頭皮に定着しない場合がある。昔の植毛手術は、額の生え際の毛がとうもろこしの粒が一列に並んだような不自然なものになりがちだったが、現在ではレーザー植毛というものが開発され、後頭部から太い毛、細い毛、硬い毛、柔らかい毛などさまざまな形をした毛が自然な形に見えるように配置して植毛するようになっている。

植毛は医療行為なので、施術は医師によって行なわれる。術後、毛根の先端が頭皮に定着するまで、少なくとも1週間は活発に動いたりできない。また、エイズや肝炎ウィルスなどのキャリアは施術を受けられないし、血糖値の高い人も向いていないとされる。

前頭部分が薄くなりかけているような人には特に有効で、千本程度の植毛で十分という。これで費用は30万円弱。1年間に4分の1くらいは自然に抜け落ちるので、その分は毎年更新しなければならない。

一方、生毛植毛には、パンチで有毛部分を円柱状に切り取ってハゲ部分に植え込む方法や、自毛の残っている頭皮ごと帯状に切り取って移植する方法などがある。また、ハゲている部分の皮膚を切り取り、その横側の毛のある部分の皮膚を引っ張ってきてハゲを覆ってしまう方法もある。いずれも施術は、数十万円から百数十万円かかる。

「体にメスを入れるのは恐い」という人には、スプレーで植毛できる商品もある。スプレーの中に髪の毛を細かくしたような化学繊維が入っていて、薄くなった部分に軽く吹きかけ、その部分に周りの毛をかぶせるだけですぐに黒々と見えるようになる。

これらハゲや薄毛を補う「ハイテク」は、いかにも髪に悩む人を救う福音のようにうたわれている。確かに成功すれば若返るだろうし、精神的安定も得られるような気がする。ところが、場合によっては必ずしも満足のいく結果になるとは限らない。たとえば植毛手術では、植毛部分だけフサフサしても、周りがどんどん退化して取り残されることがある。次々と植毛部分を増やしていかなければならず、髪のために永遠に投資しなければならないということが起こったりする。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア通販 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-